prismnium

気になったことを書き留めておくブログ

ダイソー

ダイソーの精密ドライバー購入

ダイソー 精密ドライバー
ダイソーで精密ドライバー買って来た!
プラスが二本、マイナスが三本でピンセットも付いてケース入りで100円。
なんでこんなのが100円で売ってるんだ。
不思議な世の中だよ。

そしてなぜこれを買ってきたかというと…

昨日新しいメガネを買って、新メガネをかけつつ意気揚々と帰宅。
家でひとしきり新メガネをジロジロ見まわして、落ち着いたところで古い方のメガネをかけようとしたら…
古い方のメガネの鼻あて部分が取れてた!
えっ?なんで?
新しい方をチヤホヤしたから拗ねたの!?
しかしなんというグッドタイミングで壊れるんだ。
いや壊れたっつーかビス締めたら直るんだけど。
じゃあちょっと指でつまんで回してみようか、とやってみたけど小さすぎて手じゃ無理だ。
とか思ってるうちにビスを落としてしまった!
やばい!小さすぎてビスが見えない!
そんなこんなでしばらく後にビスは見つかったけど、やっぱりこれ小さいドライバーいるわー。
そして救世主を探しにダイソーへ…。

ダイソーの精密ドライバーでメガネの鼻あて調整
というわけで精密ドライバーの一番細いプラスドライバーで試してみたらジャストフィット。
くるくる締め直して無事修理完了。
100円だけど立派な救世主や。

お菓子袋閉じる用の目玉クリップですよ

ダイソー カラー目玉クリップ
ダイソーで買ってきた小さいサイズのカラー目玉クリップ。
パッケージに挟口約2センチって書いてあるのでだいたいそんな感じの大きさです。
これを何に使うのかというと、ポテトチップスとか袋に入ってる食べかけのお菓子の口を閉じるのに使うわけですよ。

ここで我が家のお菓子袋閉じ方式の歴史を書いておきたい。
最初は当家に代々伝わる「輪ゴム閉じ方式」を実践してたって言うか母ちゃんがそうしてただけなんですが。
その後誰かから「洗濯バサミ閉じ方式」を聞いた。
ずっと輪ゴムだった僕には衝撃的だった。
あまりにもお手軽すぎて一瞬で免許皆伝。
それ以来ずっと洗濯バサミで閉じるようになった。
このほうが楽だよ母ちゃんと思いながら。
そして最近、古い洗濯バサミで挟む時に折れたりしたので、別の方法ないかなーと考えた時に目に止まったのが目玉クリップ。
普通の銀色の目玉クリップでもいいんだけど、どうせならということでこのカラフルな方を買った。
そして我が家のお菓子置き場にこのカラフルな目玉クリップをさり気なく並べておいた。
それを見つけた母ちゃんは「何このかわいいの!?」となかなかお気に入りの様子。
これから我が家は「目玉クリップ閉じ方式」になるようです。

ナツメ&グロー: 買ったの忘れてまた買った

ダイソー ナツメ・グローお取替えセット
どうも最近蛍光灯がつくのが遅い。
ヒモ引っ張ってもなかなか点灯しない。
グロー球がダメになってるのかなと思って、ダイソーに探しに行った。
電機関係の棚を眺めていたらナツメ球とグロー球がセットになってるやつを見つけた。
いまのところナツメ球は別に問題ないのだけど…なんとなくこれにするか。
そのうち悪くなるかもしれないしな。

帰ってから引き出しの中を見たらナツメ球が3個セットになってる袋を発見。
ずーっと前に買ってたんや…。
しかもダイソーで買ったやつや…。
忘れてたー。知らんかったー。
グロー球だけ入ったやつ買ってくれば良かったんや…。

気を取り直して蛍光灯のグロー球交換。
ヒモを引っ張ってみたら…すぐ点灯!
必要なのは一個だけだったので、使ってない方は引き出しにしまっておこう。
今度は忘れないように。
いや忘れそう。

グラデーション背景でガンプラ撮影するぞ

背景紙
この前ガンプラ作ろうと思った時にガンプラ画像を検索してたら、背景がグラデーションになってる写真が多かった。
なんかプロっぽくてかっこいい。
フェルト式では太刀打ち出来ない。
よし僕もさっそくグラデーションを真似してみるぞ!
できるだけ費用を抑えて真似するぞ!
お財布の中が寂しいからな!

まずはグラデーションのかかった画像を何種類か作ってJPEG保存。
それをUSBメモリーに入れてセブンイレブンのコピー機でA3で印刷してきた。
それが上の画像。
ちょっとグラデーションが荒くなったけどまぁしょうがない!
一枚80円だしな。
白黒なら10円だ。
じゃあこの紙を吊るそう。

S字フックとクリップ
ダイソーで買ってきたクリップとS字フック。
このクリップに背景紙を挟んで、S字フックに引っ掛ける。
そしてこれをどこに吊るすかというと…

ダイソー 黒い伸縮式つっぱり棒
これまたダイソーで買ってきたつっぱり棒に吊るす!
するとこんな感じに。
突っ張り棒に背景紙をぶら下げた
タンスの前に見事ぶら下がりました!
突っ張ってる場所がちょっと不安定なので、横を歩いたりしたら揺れて落ちるっていうスリリング設計。
よしこれで撮影だ!
そーっと撮影だ!
と試し撮りしてみたけどなんか暗い。
ライトとか持ってないしな…レフ板作るか。

アルミホイルとダンボールでレフ板作成
ということでアルミホイルと両面テープと段ボールを用意した。
この両面テープもダイソーで以前買ったものだ。
どんだけダイソー行ってんだ。
そしてダンボールはAmazonで買い物した時に箱の中に入ってたもの。
A4サイズよりちょっと大きいぐらい。
廃材利用だ。
このダンボールに両面テープでアルミホイルを貼り付けた。
アルミホイルのテッカテカの面とくすんでる面をダンボールの裏表にそれぞれ貼った。

青背景紙でジェガン試しどり
そして撮影してみたのがこれ。
安いコンデジでややズーム。
レフ板で正面から照らしたのでギリギリ顔も見えるぐらい明るくなった。
背景のグラデーションもなかなかうまい事行った。
大成功や。
もっと背景をぼかせるカメラだともっとアレだけど金銭的なアレが…カメラが…カメラが欲しいです。

印刷を試してみたくなった人用にA3印刷した時の画像(3564x5040)を置いときます。
(画像のリンク先を保存でどうぞ)
グラデーション背景 黒グラデーション背景 青グラデーション背景 ピンクグラデーション背景 オレンジ

横向き用
グラデーション背景 横黒グラデーション背景 横青

デザインナイフが100円だったよ

ダイソー デザインナイフ
ダイソーで見つけたデザインナイフ。
細かいカットも思いのまま。らしい。
これが100円は結構お得なんじゃないか?
ホームセンターでもデザインナイフ100円では売ってないよたぶん。

ダイソー デザインナイフ 2
全体像はこんな感じ。
世界の工場たる中国製。
黒い部分はゴムでできているので滑らなくていい。
後端に付いてる六角ナットみたいな奴のおかげで机の上に置いても転がらない親切設計。
転がって落ちないようにという中国の人の気遣いですよ。たぶん。

ダイソー デザインナイフ 刃
刃を抜いてみた。
刃の上に写ってる透明なのはキャップ。
替刃もダイソーに売ってるみたいなんだけど売り切れていた。
もしや大ヒット商品?
これ他社の替刃は使えないのかな?
オルファのサイトを見たら似たような形の替刃が載ってるんだけど。

なぜデザインナイフを買ったのかは次回あきらかに!
記事検索